英語 広東語 北京語
東京23区の半分の大きさに "世界が詰まった" 香港で

お仕事、ワーホリ、インターンで”働く”を体験しませんか?

これから世界で活躍する人たちへ
香港で 「お給料をもらいながら」 あたらしい 「働き方」 を体験してみませんか?

夢中になれる"下積み"が香港にはあります

他国と違ったワーホリスタイルが
香港にはあります

企業に入って海外で「働く」を体験してみませんか?

「世界で働く」為の最高の舞台

オーストラリアやカナダで自分の思うような仕事が出来なかった意識意欲共に高い渡航者が次のステップでチャレンジするために用意された1,500人しかない枠で「本当のワーキングホリデー」を香港というアジアの金融都市・特別行政区で英語中国語などの言語習得以上の経験を積んでみませんか?

香港有給インターン&ワーキングホリデーで身につく3つのポイント

英語だけでなく中国語も磨けるビジネス環境

1997年までイギリス領であった香港は英語スタンダードで中国語(広東語)を公用語とします。ビジネスフィールドや書類面では基本的には英語が使用されているので、英語だけでなく中国語へのチャレンジもしていただける言語習得には最高のフィールドです。

海外の企業、香港現地法人でキャリアUP

世界中から一流企業が進出、ビジネス展開している香港。その企業で就業することでグローバル環境でキャリアアップ、多種に渡る業種や仕事内容から自身の将来に活きるお仕事を経験でき、就職活動や次のステップに確実に活きる実績を作ることができます。そのまま就職という選択肢も御座います。

アジアの金融都市、特別行政区で日本では作れない人脈や信頼関係を

日本の大企業も数多く香港に現地法人を置き、一定以上の役職の方でしか香港で駐在していない様な「選ばれし人が働く都市」香港。世界中から企業の役員やマネージャークラスの方や、金融都市ならではの投資家との接点も非常に多い都市です。将来に活きる人間関係、人脈を形成できるような都市です。

香港ワーキングホリデー協会サービス内容

香港への渡航前から、香港到着後の現地サポートまで手厚くキャリアアップのサービス、カリキュラムをご用意しております。短期から最長1年間はワーホリビザで滞在し、その後そのまま国際金融都市、香港で永住したい時のご相談、サポートも受け付けております。

短期インターンシップ
数週間~3ヶ月間程度香港の企業に入り、就職前、就職活動、もしくは後のステップに活かしたい方にオススメです
ビザ申請
住まいの手配
携帯通信
お仕事マッチング
空港ピックアップ
有給インターンシップ
給与を貰いながら、海外の企業で働き、海外で生活するということを達成するためのプログラムです
ビザ申請
住まいの手配
携帯通信
お仕事マッチング
就業後リファレンスの発行就業過程証明書
空港ピックアップ
香港ワーキングホリデー
今まで経験したことがないので自身のキャリアの第一ステップとして海外の企業で働いてみたい方にオススメ
ビザ申請
住まいの手配
携帯通信
お仕事紹介
空港ピックアップ

香港有給インターンシップのメリット

就活や次のステップに生きるレファレンスを就業後に発行してもらえる

レファレンスとは、採用活動において、企業が採用候補者の以前の雇用主などに問い合わせて、候補者の仕事振りや人となりについて確認を行う人物調査ことです。「レファレンスを取る」「レファレンスチェックを行う」などと言われます。企業就業過程と実績をまとめた内容を就業後にお渡ししているので次のステップに活用して頂けます。

海外の企業、香港現地企業での給与をもらいながら勤務ができる

過去にサポート受けたワーキングホリデー渡航者のお仕事の一つとして、輸入輸出業務から、小売に至るまでの商品管理や資料制作など、貿易に関わる一連の流れを一通り経験でき、日本に戻ってからの就職活動に大きく貢献できるキャリアを形成できた方が沢山います。

他国有給インターンと比べて半額以下のコストで海外生活を送れる

海外で生活したい、海外で仕事してみたい!と思っても今までは高額なサポート費用で渡航まで踏み切れなかった現状があります。ワーキングホリデービザを活用できる国でサポートすることで、従来の半額以下のコストでお客様には海外の企業、香港企業で給与を貰いながら働き、語学を習得できるという環境を提供することができました。

香港ワーホリ体験者の声

Y.NODAさん
2015年8月

大学生2回生の時に香港のIT系企業で有給インターン勤務

海外経験はヨーロッパに旅行に行ったことしかありませんでしたので、香港でどのように仕事、キャリアを伸ばせ、就職活動に活かせられる経験を積めるのか心配でした。特に英語や中国語に長けているわけでもなく、何か自分に貢献できることがあるのか?正直心配なことだらけでした。

香港で会った香港人、中国人、イギリス人、日本人もそうですが大変優秀な方、凄い経歴をお持ちの方が多かったです。東大出身の方が非常に多かったのも印象に残っています。

日本ではなかなかお会い出来ないような方も香港では出会うことができて、それがきっかけで日本に戻って大学を卒業して早く目標の企業に就職したいとも考えました。

香港での生活では、6ヶ月の期間で2社のIT系、物流&小売の会社に勤務して「自分のできること」の幅が格段に増えたと自負しています。今では日本のある企業で香港での経験を評価して頂き、システムエンジニア、サービス設計をするお仕事をしています。今後も言語の習得やいつかまた香港に戻ってこれることを夢見て、日本で仕事を頑張っています。有難う御座いました。

T.MANAMIさん
2016年1月

オーストラリアで経験できなかったキャリアアップを重視して

オーストラリアで留学エージェントでオフィス勤務をしていたのですが、基本的に日本語での業務だったので、結局1年滞在していましたが、英語力があまり伸びなかったのがワーホリ生活で非常に悔しかった悩みでもありました。

もともと香港には旅行で何度も行っていたので、ワーホリ制度があることを知ってすぐにチャレンジしてみたいと決心しました。私は香港の日本商材を扱う店舗でのパートタイムと、輸出入に関する事務作業、倉庫の在庫管理などの業務を4ヶ月少しに渡り経験しました。

業務が基本的には英語になるので「私で大丈夫かな?」と初めの1週間は不安になる機会もありましたが、そんなこと言っている暇もなく日々わからない単語や仕事の進め方も勉強ができ、今は英語に加えて北京語を勉強スタートして奮闘しています。

香港ではビジネス、起業家沢山の優秀な人が働いていて日本とは違う刺激的な場所で、毎日驚かされることが多々ありました。香港人の新卒は3ヶ国語(英語、広東語、北京語)など話せられる大変レベルの高い人達がいることでまた感化されました。今はワーホリ終了後に声をかけてくださった貿易会社で勤務して香港に住んでいます。いづれ独立して日本の為、日本の海外進出に少しでも力になれるようなお仕事を香港でできるように日々奮闘中です!

H.ATSUYUKIさん
2017年1月

僕はオーストラリアへのワーキングホリデーを経て香港へ行きました

オーストラリアでは、語学学校へ通いながらジャパニーズレストランでアルバイトをしながら生活をしていました。
日本では経験のできない英語環境の中でコミニュケーションの取り方や語学勉強をし、申し分のない海外生活を送りながらも、もう一方で、人生で初めての飲食業と慣れない環境も相まって難しさや苦悩、挫折を感じていました。

「海外でやりたかったことをできているだろうか」

という気持ちを抱えながら、オーストラリアでのセカンドビザを考え始めた時に、せっかくならまた新たな地で見聞を広めよう。と思い立ち2010年からワーキングホリデーの始まった香港へ。
香港では、オーストラリアで稼いだお金を元手に、興味のあったIT関係の会社へインターンを行いました。
インターネットの勉強や会社での就業体験、その時間の中で香港の観光地を巡ることもできました。
オーストラリアでのアルバイトよりも実践的な勉強をしながらも、時間に余裕があるため、より自分の興味の赴くままの体験をすることができました。
日本へ帰った今でもインターネットの勉強を続けています。

香港でのワーキングホリデーを経験し、ただ漠然と海外へ行く、というだけではなく、
「海外でなにをするのか」
ということを考えることが大事だと気付くことができました。

香港で紹介しているお仕事一例

ショップ

ショップスタッフ、在庫管理、マネージャー、新店オープン責任者など

飲食店

レストラン、割烹、高級バー、居酒屋など

貿易

日本商材の輸入ー輸出に関係する事務作業、在庫管理、倉庫管理など

IT系

香港ECサイトの運営、コンテンツライター、WEBマーケティングポジション

メディア関係

インターネットメディア、動画撮影や制作