香港について

香港の治安ってどうなの?香港ワーホリのための安全のしおり

このエントリーをはてなブックマークに追加

香港に初めて渡航する際、皆さん心配になられると思います。

「香港の治安ってどうなの?」

正直、香港の治安は日本と同じくらい、もしくは日本よりも良いです。

香港は1997年中国返還前は治安が良いとは言えませんでしたが(観光客へのスリ・強盗・詐欺などが横行していました。)、返還後は治安は悪くないと言えます。

もちろん現在でも”危険なエリア”にわざわざ立ち寄ってみたり、人気のない場所をウロウロするなどの行動を取ってしまうとトラブルに巻き込まれてしまう可能性もありますが、海外で生活しているという意識を持っていれば、トレブルに巻き込まれる確率は極めて低いでしょう。

香港の犯罪率

2015年のデータでは、香港の犯罪率は、人口10万人に対して909万人、日本は864万人とほとんど差はありません。

2014年は香港の方が人口10万人に対しての犯罪率は少ないです。

2016年のデータは日本の統計では公開されていませんが、香港のデータは825万人とかなり低くなっているので現在では香港の方が犯罪率は低いかもしれません。

また、2014年には、イギリスによる調査で、世界中で一番治安のいい国は、香港が1位に輝いていたりと香港の犯罪率は世界的に見ても低い水準であることは間違いないでしょう。

香港の治安

年間2700万人近くの観光客が訪れる香港は、その多くが訪れる香港の繁華街は昼も夜も人通りが多く、人目につくような大きな犯罪は多くありません。

香港の治安はいいですが、ついつい現地の生活に慣れてしまうと気が緩みがち。

現地の人間からしたら私たちは観光客と大差ないので、最低限の危機管理能力は無くさないようにしましょう。

香港で発生しやすい犯罪は、目立ちにくいものが多いです。では、どんな犯罪が発生しやすいのでしょうか。

スリ・置き引き

繁華街

旅行者を狙ったスリや置き引きは最も発生しやすい犯罪です。日本人はお金持ちとみられて狙われるケースも多いので、多額の現金を持ち歩かないように、ホテルへのチェックイン時やレジの前で荷物から目を離さないようにしておきましょう。

日本にいる感覚で、喫茶店で席を取るなんてことは絶対にやめましょう。目を離した隙にあなたの荷物がなくなってしまっているかも、、、

地下鉄(MTR)

混雑している時間帯や乗り降りするタイミングで発生する可能性が高いです。

カバンのに注意しすぎて、ポケットの中にある携帯を盗まれた、混雑していて他の人と密接した状態だと胸ポケットの中のパスポートを取られてしまったなんてこともあるので要注意です。

レストラン

香港のレストランは、相席や隣のテーブルとの距離が結構近いことが多いです。

手荷物は膝の上に置いておくなど常にチェックできるようにしておきましょう。

また、携帯をテーブルの上に置いておくのも危険です。

空港

空港では、まだ旅行に来たという気分になっておらず、ついつい日本にいる感覚で荷物から目を離してしまうというケースが散見されます。トイレに行く時や両替・買い物など自分の手荷物から目を離さないようにしておきましょう。

タクシートラブル

香港がいくらタクシーの初乗り料金が安いからといって油断してはいけません。

香港のタクシーには、

赤色 市内
緑色 新界
青色 ランタオ島

と地域別に分かれており、メーター制で料金が決まります。

初乗り料金は2キロまで22HKDと安いです。スーツケースなどの荷物がある場合は追加料金が発生する場合もあります。

タクシートラブルで最も多いのが、料金のふっかけです。

メーターが壊れているなどの理由をつけて通常の2倍ほどの料金を請求してくる悪徳タクシー運転手もいます。

また、実際にタクシーの後ろに載せる荷物の個数以上のお金を請求されることもあるので、追加料金についても注意しておきましょう。

ただ、いくら悪徳だからとはいえタクシー運転手から暴行を加えられたり、強盗されたりなどということはないので心配しなくても大丈夫です。

デモによるトラブル

(出典:朝日新聞DIGITAL)

2014年に香港反政府デモ(雨傘革命とも呼ばれる)が起き、ニュースで取り上げられました。

デモ自体は、金鐘・中環・湾仔など限られた地域でのみ発生したので、他の地域には特に影響はありませんでした。

香港反政府デモはすでに収束しており、特に気にする必要はないと言えるでしょう。

反日感情によるトラブル

香港も中国の一部ですので、この点を不安に思っている方もいらっしゃると思います。

香港は、1941年から1945年までの間日本の占領下にあった時代がありましたが、中国に返還されて以降も、香港の人々は”中国本土の人とは違う”という意識を持っており、「香港人」としてのアイデンティティを大事にしています。

「反日感情」はほとんどないといっても過言ではないでしょう。

実際に香港の人たちと触れ合ってみると、こちらが広東語が話せない日本人でも丁寧に接客してくれたり、全く日本人が嫌いという感情を垣間見たことはありません。

香港の危険エリア

基本的には香港に治安の悪い地域はないのですが、先述したようなスリや置き引きなどや偽物販売などの軽犯罪が起こる確率が高い地域をご紹介します。

尖沙咀 重慶大廈(チョンキンマンション)・ネイザンロード・スターフェリー乗り場
銅鑼湾 SOGO・タイムズスクエア
旺角 女人街・朗豪坊(ランガムプレイス)
中環 蘭桂坊(ランカイフォン)・SOHO・スターフェリー乗り場
佐敦 男人街
湾仔 ナイトクラブ周辺
深水埗 コンピュータセンター・マーケット

このような場所はオススメの観光スポットであると同時に、人でごった返しているので、スリや置き引きも紛れ込んでいることが多いです。

重慶大廈(チョンキンマンション)周辺にいる偽物品を売るお兄さん達にもご用心です。

日本語で気さくに(?)話しかけてくる人も多いので、気軽についていかないように無視するようにしておきましょう。

香港ワーホリで気をつけるべき注意事項

香港にワーホリで来てどんなトラブルに巻き込まれる可能性があるのかをご紹介してきましたが、では普段はどのように気をつけるべきなのか。

必要以上に警戒する必要はありませんが、トラブル別に「当たり前のように行う対策」としての意識を持っておきましょう。

スリ・置き引き

  • 貴重品から目を目を離さず、常に身の回りに携帯しておく
  • カバンの口は常にしっかり閉じておく
  • 貴重品や大量の現金、アクセサリーを持ち歩かない
  • 不自然に人にぶつかられた時はすぐに持ち物を確認する
  • バッグを地面に置く時は両足で挟むように

タクシートラブル

  • 客引きしているタクシーは利用しない
  • タクシーを利用する時は領収書をもらう
  • 料金メーターをチェックしておく
  • 荷物の個数と追加料金が合っているか確認しておく

その他のトラブル

  • デモなどが行われていても不用意に近づかないようにする
  • 道路を歩いて渡る時は周りをしっかり見ておくこと
  • できるだけ団体で行動する
  • 夜道や人通りの少ない路地を歩かない
  • 道端にいる偽物売りの人についていかない

これらのことを日頃から意識しておけば、ワーホリ中にトラブルに巻き込まれる可能性はぐっと抑えることができます。

もう香港に住み慣れたからといって油断してしまわないように、常に、自分は外国に来ているんだと思っておくようにしましょう。ほとんどのトラブルは油断によって引き起こされます

もしトラブルに巻き込まれてしまった時の連絡先

普段気をつけていたのに、トラブルに巻き込まれてしまった場合の緊急連絡先をご紹介致します。

もしも、トラブルに巻き込まれた場合はすぐに連絡するようにしましょう。

パスポートの紛失・遭難

警察に届け出てポリスレポート(盗難・紛失届)を入手した後、領事館にてパスポートの再発行手続きを行います。

■在香港日本国総領事館

URL http://www.hk.emb-japan.go.jp/jp/index.html
住所 46 – 47/F, One Exchange Square, 8 Connaught Place, Central, Hong Kong
香港中環康楽広場8号交易広場第一座46楼及47楼
TEL (852) 2522-1184

再発給に必要なものは、下記になります。

  • 旅券発給申請書
  • 紛失一般旅券等届出書
  • ポリスレポート
  • 戸籍謄(抄)本原本(6か月以内のもの)
  • パスポート用写真2枚

※早急に日本に帰らなければならない場合は、帰国のための渡航書発給も可能です。必要なものは、申請書と届出書とポリスレポート、身分証、帰りの航空券になります。

緊急時の連絡先

警察・救急車・消防署 999
在香港日本国総領事館 2522-1184

日本語対応病院(24時間緊急外来有り)

・アドベンティスト病院

住所 40 Stubbs Road, Happy Valley
TEL 日本語ホットライン(月〜金:9:00-17:30):2835-0509
URL https://www.hkah.org.hk

・カノッサ病院

住所 No.1 Old Peak Road, Mid- Level
TEL 日本語ホットライン(月〜金:9:00-17:00,土:9:00-13:00):2825-5848
URL http://www.canossahospital.org.hk/

・香港サナトリウム

住所 2 Village Road, Happy Valley
TEL 日本語ホットライン(月〜金:9:00-17:00,土:9:00-13:00):2835-8606
URL http://www.hksh.org.hk/

その他の病院はこちらの記事で紹介しています。

また、香港日本国総領事館から有事の際の緊急連絡先が公開されていますので、印刷して持っておきたい場合は、こちらのリンクからPDFを印刷してください。

香港日本国総領事館 緊急時の連絡先

 

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加