香港について

香港に住むなら必須!香港IDの申請方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

香港にワーキングホリデーできた際に必須になる現地での手続きが、「香港ID」の申請です。

香港IDは香港で身分を証明するためのもので、携帯の契約や様々な手続きの際に必要になるので、香港に到着したらすぐに申請してしまいましょう。

今回は香港IDの申請方法について、詳しく説明していきます。

香港IDとは?

まず香港IDとはなんなのでしょうか。

香港IDとは、香港に6ヶ月以上滞在する人に取得を義務付けられている身分証明書です。

取得後は常に携帯することが求められます。

香港に到着してから30日以内に申請する必要があります。

香港ID申請に必要なもの

香港IDの申請に必要なものは下記の2点のみになります。

  • ワーキングホリデービザが有効化されたパスポート
  • 申請書類

ワーキングホリデービザが有効化されたパスポート

ワーキングホリデービザが有効化されたパスポートというのは、ワーキングホリデーを発給した際にパスポートに貼ってもらうビザシールにスタンプが押された状態のもののことを指しています。

申請書類

入境事務所のHPから申請書類をダウンロードします。

ほとんどの人は上記の「Form ROP1: Application by a person of the age of 18 years or over」からダウンロードすればOKです。

申請書をダウンロード >>

PATR A

  • Surname in English:姓を記載
  • Other names in English:名前を記載
  • Full name in Chinese:中国名が無い場合空欄
  • Sex:性別を記載
  • Date of birth:生年月日を記載
  • Place of birth:出生地を記載
  • Residential address in hongkong:香港での住所を記載
  • Contact telephone no:連絡の取れる携帯番号を記載
  • Profession/occupation:職業がある場合は記載
  • Nationality claimed:国籍を記載
  • Business address in hongkong:香港の会社の住所がもしあれば記載
  • Telephone no:会社の電話番号を記載(もしあれば)
  • Marital status:結婚状況を記載
  • Education revel:該当する学歴にチェックをつけます
  • Particulars of spouse:配偶者の詳細を記載(配偶者がいなければ空欄)
  • Full name in Chinese:(配偶者がいなければ空欄)
  • H.K. identity card no.:(配偶者がいなければ空欄)
  • Have you been ordinary resident in hongkong for a continuous period of not less than 7 years?:7年間継続して香港に住んでいますか?という質問なので、「No」にチェックをつけましょう。

PART B

  • Condition of stay hongkong:どういう身分で香港に滞在するかを聞いていますので、ほとんどの方が、StudentもしくはLimit of stay onlyにチェックをつけることになると思います
  • Permitted to remain until:滞在の期限を記入します
  • Type and no. travel document:旅券の種類と番号を記載します。Passport,旅券番号を記載します

PART C

選挙についての項目ですのでチェックは必要ありません。

PART D

情報が正しいかどうかの確認です。

正確な情報を記載しているのであれば、名前・サイン・日付を記入します。

2枚目は全て説明なので読むだけで、実際に提出する必要はありません。

これで申請書は完成です。

香港IDの申請方法

申請は香港に到着してから30日以内に入境事務所に直接必要な書類を持って、提出しにいきます。

湾仔駅(Wan Chai)のA5出口を出て歩道橋をまっすぐ進んだ先に入境事務所があります。

※混んでいる場合があるので、事前にWEBから予約して行くとスムーズに手続きできます。

申請を予約 >>

入境事務所についたら8Fで手続きを行います。

受付の人に申請書類とパスポートを見せると、申請書に番号を記載してくれるので、自分の番号が呼ばれるまで待ちます。

電光掲示板に自分の番号が表示されたら表示されているブースへ移動しましょう。

その場で写真の撮影と指紋の登録を行ってくれます。

手続きが終了したら、仮の香港IDをもらえ(紙1枚)、2週間後に受け取りに来てくださいと言われるので、仮の香港IDに記載の受取日時にIDを受け取りに来ます。

受け取り期間は30日以内なのでうっかり忘れてしまわないように注意しましょう。

在留届も忘れずに提出しておきましょう

その他に、香港に3ヶ月以上滞在する場合、香港の日本国総領事館で在留届を出しておく必要があります。

緊急の連絡やもしトラブルに巻き込まれた時のために必ず提出しておくようにしましょう。

在留届についてはこちら

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加