香港について

香港の物価は高いのか!?身近なモノを比較検証してみました

このエントリーをはてなブックマークに追加

香港はここ数年で目覚ましい経済発展を遂げて、物価が高くなったと世間ではニュースになっていたりします。ただ実際はどうなのでしょうか。香港で生活してみて、実際よりもそんなにお金は減ってないなとふと思ったので日本と香港の物価を比較検討してみました。

香港の物価は高いの?

香港で生活を送る上での最重要事項「物価」について今回は身近なところから日本との価格差を徹底比較してみました!果たして香港の物価は日本に比べて高いのでしょうか?安いのでしょうか?

飲み物

飲み物の値段は日本とほとんど変わりありません。むしろちょっと安いくらいです。コンビニでも水が5.5HKD(77円)から手に入れることができます。また、日本のお茶はというと、、大体10HKD(140円)くらいでこちらも日本のコンビニでペットボトルを購入するのと何ら変わりはありませんね。

では、コーラの値段はどうでしょうか。缶に入っているコーラは7.5HKD(105円)と同じサイズであれば日本で購入すれば120円はしますから、こちらは香港の値段の方が安いですね。

ペットボトルに入っているコカコーラは日本の値段とほぼ一緒です。

カフェ

スターバックスを例にとってみると、日本と香港のコーヒーの価格を比較した結果香港の方が高くなってしまいます。サイズがtallサイズのコーヒーだと、日本は320円に対して香港は480円かかります。

コーヒーの値段が日本より少し高いのは、コーヒーが嗜好品に当たるためです。

食事

香港は飲食店がものすごい数存在しています。街を歩けば飲食店、細い路地裏にも飲食店、とにかくご飯を食べるのには全く困ることがありません。例えば、麺類やお肉+ご飯、チャーハンなど、基本的に20HKD~食事を楽しむことができます。しかも安いのに美味しいものがお腹いっぱい食べれます!

ご飯の相場として一番多くみる値段が45HKD。日本円に換算すると630円です。外食してこの値段なら私たちの財布にとってはものすごくありがたいですよね!ローカルフードという観点では香港に軍杯が上がるでしょう。

和食・定食(日本食)

和食・定食などの日本食はやはり日本で食べるよりも少し高めに値段が設定されています。刺身は盛り合わせで120HKD~、ちょっといいお店の卵とじ牛丼なんかは72HKDくらいで食べることができます。

ショッピングモール内では、様々な日本料理のお店を見つけることができます。もし、香港のローカルフードではなく故郷の味を感じたくなった時は、2000円くらいでちょっといい日本料理が食べれます。感覚的には居酒屋に行ったくらいの金額感で食事ができるといった印象です。

大戸屋なんかの定食は日本とほとんど変わらない料金で食事をすることができますので、近くにあるとすごく安心できます。(写真はLai Chi Kok店のもの)私も鯖の塩焼き・そばが食べたくなった時は大戸屋に駆け込もうと思っています、、笑

ハンバーガー

マクドナルドを例に挙げてみましょう。

みんな大好きチキンフィレオの場合だと、日本の価格は350円、香港の価格は20.8HKD(290円)で香港に群杯が上がります。

ラーメン

ご存知の通り、日本のラーメンの相場は大体800円くらいですよね。唐揚げとか、ご飯をつけると1000円超えてしまうこともあると思いますが、香港のラーメンの値段はというと大体70-90HKDくらいです。日本円に換算すると、800-1200円くらい。ほとんど同じような金額感です。よりシンプルなラーメンを選択すれば、60HKD代でラーメンを食べることができるので、日本とほとんど一緒くらいの感覚で考えていればOKです。

Olympian cityで見つけたフードコートのラーメン屋さんでは48HKDで魚介豚骨ラーメンを食べることができました!(レモンウォーターが9HKD)探せば日本よりも安く美味しいラーメンを食べることもできますので、是非色んな場所のラーメンを探してみてください。

タバコ

普通の20本入りの箱が大体50-60HKDくらいです。日本円に換算すると約700-800円くらいです。日本だと大体タバコは400-500円くらいですので、少し高いかな、くらいの感覚です。タバコを吸わない人からしたらここの価格差はあまり関係ありませんね(笑)

ただヘビースモーカーの人にとってはこの違いが重くのしかかってくると思います。。香港に来るタイミングで禁煙してみるのもありかも、、?

スーパーに行って色んな商品を日本と比較

香港のスーパーに行って色んなジャンルの商品の価格をウォッチングしてきました!

どんどん比較検証していきましょう!さて、香港のスーパーの実力は如何なものでしょうか。

キャベツ:7.9HKD(111円)

ニンジン:6.9HKD(97円)

や、安い、、、!日本ではキャベツ1個、ニンジン1袋が200円はします。この価格で買えるのであれば、自炊にチャレンジしてみようかと思ってしまいます。

ぶどう:19.9HKD(279円)

りんご詰合せ: 18.9HKD(265円)

ぶどうはそんなに日本と値段は変わりません。パックに入っているもので大体300円くらいですね。

りんごは日本で買うと1個150円くらいで、単品だとこちらもあんまり変わりはありません。しかし、10個くらいのりんごの詰合せについてはものすごく安いです。買うならりんごはまとめ買い必須です。

さて、自炊を普段からしている人にとっては、卵の値段は気になるところ、、

卵の値段は20-80HKDとすごく幅広い価格帯の商品がありました。

ただ、私たちが普段使う卵は23.9HKD(335円)くらいのものでいいんじゃないでしょうか、8個入りでこの値段、日本では10個入りが250円くらいで購入できるので卵はちょっと香港の方が高めです。

出ました「Buy 2 Get 1 Free」!

うどんを二つ買えば一つタダでGetできちゃいます。

生麺4袋入って、14.9HKD(209円)!これは安い。日本だと大体一袋が70-80円くらいなので、4袋だとこちらの方がお得、なおかつまとめ買いするとさらにお得。うどん好きのあなたにはたまらないはず。

牛乳:23.3HKD(320円)

100円くらい日本の方が安いです。見ていると、牛乳や卵など乳製品関連の商品はちょっとばかし高いのかもしれません。

ちなみに私は乳製品がそこまで好きではないのでこの影響はそんなにありませんでした。

再びコーラです。や、安い!安すぎるぞ香港のスーパー。

4本入りの缶コーラが200円くらいで買えてしまいます。

キリン:75.9HKD(1067円)

アサヒ:57.9HKD(810円)

日本のスーパーの500ml×6本のキリンの値段は1390円、アサヒは1370円なのでかなりお安くなってます。

ビールを毎日飲む方にとってはこれは朗報、、!

出前一丁:2つで13.9HKD(194円)

パック麺:22.9HKD(320円)

出前一丁の値段は日本とほとんど変わりありませんね。5袋入りのインスタントラーメンの値段も日本とほとんど変わりません。

トイレットペーパー:28.9HKD(405円)

12ロールで400円、、安いものはほとんど変わりません。違いといえば、トイレットペーパーは日本みたいに縦に積まれていない、ということでしょうか。

ダウニーの値段は、ちょっと高めの92.5HKD(1295円)かかります。日本のスーパーのダウニーの価格は、900円くらいなので、ダウニーをお使いの方は、香港に来られた際は、この機会に別のブランドを試して見ては如何でしょうか(笑)

ダブがものすごくでかい、、1L入っています。

日本では500mlのものしかほとんど置いていませんので、500ml換算すると、大体24HKD(336円)でダブも香港の方が安いです。日本で買うと420円くらいかかります。

エッセンシャル:47.9HKD(670円)

シャンプーも日本で買うとボトルに入っているもので大体700円くらいしますので、ここはあまり価格差はありません。気持ち安いかな、くらいです。

ポッキー:2つで13HKD

ポッキーの日本の価格は138円なので、2つ購入すれば、香港の方が安いです。(1個あたり90円くらい)

意外と日本よりも安いものが多かったのでビックリしましたね。香港のスーパーは2つ買えば〜というサービスが多いので日用品については、買い方を工夫すれば、日本よりも安く生活できるかもしれません。

香港の家賃は高いの?

香港の家賃はというと、、結構高いです。。

1Kの部屋でも7万円からです。九龍半島だと2LDKの部屋で大体20万円~30万円くらいかかります。香港島だともうちょっと高くなってその1.5倍の40万円~50万円です。

香港に住む地元の人は基本的に中心地には住めず、郊外の新興住宅街に住んでいます。中心地さえ離れれば、2LDKで15万円くらいからあるので、長期の滞在を考えるなら、郊外も選択肢に入れていいかもしれません。

住宅の不動産価格が上昇してしまった香港で一番の出費のウェートが高いところは「住」なので、住むところを選ぶのは非常に重要です!

香港人の給料はどれくらい?

これだけ高い家賃で暮らしていけるなんて、香港の人の平均給与はどのくらいなのでしょうか?

政府統計局のレポートによると、、

製造業 13983HKD(195762円)
輸入/輸出、卸売および小売業 17774HKD(248836円)
運輸業 19353HKD(270942円)
宿泊・飲食業 14106HKD(197484円)
金融・保険業 22146HKD(310044円)
不動産業 13132HKD(183848円)
サービス業 11448HKD(160272円)
 個人向けサービス業 19318HKD(270452円)
全体の平均 15451HKD(216314円)

日本の平均年収が420万円なので月単位に換算すると、35万円になります。

日本の年収に比べたら現地の香港人の収入は少ないので、家賃で圧迫されることが目に見えています。

まとめ

生活費は日本と香港を比較した結果、身近なものだと香港の方が安いモノが多いことがわかりました。

しかし、だからと言って油断して効率的に買い物をしなければすぐに日本より割高になってしまうのが怖いところです。

そして、家賃をどれだけ抑えることができるかが、あなたの香港ライフを左右します!

香港ワーキングホリデー協会では、住まいのサポートも行なっております!

興味のある方はお気軽にお問い合わせください。 >> 香港ワーキングホリデー協会

 

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加