観光

簡単海外旅行!深センへの行き方

このエントリーをはてなブックマークに追加

アジアの中心に位置する香港からは、他国へのアクセスが非常に簡単です。

中でも深セン・マカオは1時間程度で移動できてしまうので、ちょっとした小旅行にはもってこいです。

今回は、中国のシリコンバレーとも言われている中国の深センを訪れました。

深センへの行き方

深センへ行くのはとっても簡単です。

MTR羅湖から入国することができるので、まずはMTRを使って、羅湖を目指します。

東鉄線を使って羅湖へ。車両は赤色のドアに青と白の車体です。

羅湖に到着すると、深圳への案内板があります。

一番左の外国人用の通路を通過して、出国と入国手続きを済ませます。

手続きを終えて進んで行くと、深圳側に出ることができます。

ここまでで大体の所要時間は1時間程度です。

深セン到着

駅前広場(深圳站廣場)の様子です。

開放的でモダンなデザインに再開発されました。

長距離バス、バスターミナル、タクシー乗り場などが向かって右側にあり、交通の拠点として栄えています。

深セン側から見た羅湖駅

地下鉄の乗り方

構内の様子

深センの地下鉄の切符を購入するには、タッチパネル式の端末で目的地をタップしてお金を入れればOKです。

もし元を持っていなくても同じフロアに両替屋があるので、もし香港で両替し忘れたとしても問題ありません。

深セン版のオクトパスカードを販売しています。

もし、何度も中国に足を運ぶようなら作っておいたほうがいいでしょう。

香港の切符はコイン型!

中国で地下鉄に乗るときは必ず荷物検査を受けなければなりません。

改札に入るときは、コイン型の切符をパネルのかざします。

改札を出るときは、コインを改札に挿入することで外に抜けられます。

電車内の様子

以上が深圳への行き方と電車の乗り方です。いかがでしたでしょうか。

電車で1時間移動すれば、国境を越え、いつもと違う景色や今まさに発展し続けている中国の深圳、東京都ほどの広さに1400万人が住むほどに成長した世界の工場を見に行くことができちゃいます。

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加