ワーホリ・留学

香港有給インターンシップで海外勤務を経験をしませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外で生活したい・・・海外ドラマの様な・・

私自身が10年前くらいから抱いていた理想像です。

「海外で働きたい~」「英語や他の言語でコミュニケーションを取りたい」「海外生活をエンジョイしたい」「キャリアウーマン・ビジネスマンみたいなかっこいい生活おくりたい(笑)」

ワーキングホリデーで「ジャパレス(Japanese Restaurant)」で働くのではなくて、ホワイトカラー、企業で働きたい!そんな気持ちでいっぱいでありました。

画像参照:映画(Tyrant (タイラント 独裁国家))

画像参照:映画 (The devil wears prada)

何か映画や海外ドラマの世界の様なイメージでした。そのイメージを達成させるべく、ワーキングホリデーでオーストラリアへ渡航したけれども、結局、現実私の仕事は「日本食レストラン」でのウェイターでした(泣)

ワーキングホリデービザで海外に簡単に行けて、1年という長期間生活ができるのはいいが、企業やチームに入って「仕事」することが非常に高いハードルであることを実感しました。

そして企業で働くための有給インターンシップなどをサポートしているサイトや企業を見つけても、費用が100万円を越す価格帯になっているので、今までは夢のままで現実になりませんでした。

(よくホテルの有給インターンシップなどはありますが、ホテルのハウスキーピング(部屋の掃除)ではなくホワイトカラーのお仕事がしたかったんです。

日本には私のように「海外に出て仕事をしたいけど…」「企業に入って働いてみたい」と思う人が沢山いるんでは?と思い、国際的な金融・貿易都市香港で有給インターンシップを私と同じ悩みを抱えているお客様に格安で提供しようと思った次第です。

香港有給インターンシッププログラムとは?

香港インターンシップ・プログラムでは学生、もしくは社会経験がある方が現地企業や団体、香港ではスタートアップの中で働き、将来のキャリアに必要な職業訓練、実績を形成する為の就業支援プログラムです。

企業にとっては、入社前に新入社員を一定レベルの実力と経験を積ませられることができるので、企業、インターン生の双方にとってメリットがある仕組みになっています。

日本の企業インターンシップと異なる決定的ポイントとしては、香港という経済発展の著しい都市で、英語、時には中国語を用いてコミュニケーションを取りながら職業訓練、プロジェクト参加しながら実務経験を積んでいく点になります。

国際的な環境で、企業に入り、仕事を体験できる。そして英語、中国語の語学スキル、コミュニケーション能力も上がる。ということが香港での有給インターンシップ、短期インターンシッププログラムの最大の魅力ではないでしょうか?

日本の”やり方”とまた違った手段、マネージメント、コミュニケーション方法でプロジェクトが進むので、世界ではこのような方法、手段でプロジェクト進行するんだ!など新しい価値観や方法に出会えます。

香港ってどんなところ?

アジアの貿易の中心地

香港はほとんどの商品を輸入するのに関税がかかりません。世界中から商品は香港に入り、中国、東南アジア諸国、日本などにも香港を経由して輸出される場合もあります。

多彩な国際金融取引(投資、証券、オフショア)

香港はには世界中から投資、お金が集まってきます。日本ではなかなか会えないような方(日本人も含めて)香港ではさらっと会える機会も沢山ありました。

香港の歴史

1997年に中国に正式に返還されるまでイギリス領として英語スタンダードで経済成長を続けてきた香港ですが、返還後は中国の一国二制度によって特別行政特区として更に経済成長を遂げてきました。

香港には世界中の企業が進出し、グローバルな環境が広がっている

香港の電車に乗るだけで、見渡すと1車両の中で欧米、アジア、中東様々な国籍の方を見ることができます。非常に多国籍な環境である香港では色んな文化、ビジネススタイル、手法を学ぶ最高の舞台になることは間違いなしです。

そして将来的に「一緒に起業したり」「結婚したり」「パートナー関係になったり」色々な発展があります。

色んなプランで香港へ渡航できるので目的に合わせてチョイス

短期から中長期、有給インターンなのか無給インターンなのか、ワーキングホリデーで渡航、様々な選択肢がございます。

  • 短期インターンシップで就職活動前に香港で仕事し、レファレンスを貰う
  • がっつり有給インターンシップで給与もらながらお仕事
  • ワーキングホリデーで1年間ゆっくり働きながら滞在する
  • 始めは有給インターンシップで働き、その後は香港でワーホリしてみる

様々な渡航プランでの香港インターンシップが可能です。

詳細はコチラ:香港短期・有給インターンシップで海外の企業に勤務する為のサービス

香港でのビザ申請、お仕事探しに関してはお気軽にお問い合わせ下さい。

詳しくはサイトから:香港ワーキングホリデー協会  —->>

香港ワーキングホリデー協会公式LINE@はこちらから

Add Friend

香港短期インターンシップ

▲インターネットTV局を香港で起業したスタートアップのCandyTV

数週間~2,3ヶ月、長期では滞在できないけど「海外で働いてみたい」人にピッタリの香港短期インターンシップ。「聞き取りや簡単なコミュニケーションなら英語で取れる」「オーストラリアやカナダのようにワーキングホリデーで日本食レストランで働くのは嫌だ!」などと言う方には合うプログラムになります。

香港短期インターンシップ基本情報まとめ

  1. 期間:1ヶ月未満~3ヶ月
  2. 給与:無給(交通費支給の場合あり)
  3. 職種:貿易業務、店舗マネージメント、IT関係、メディア関係、税理士事務所、法人設立関係
  4. 語学力:初級からインターミディエイト(中級)ぐらいの方
  5. 経験:特に必要ありません。(就業経験、資格があることに越したことはないです)

香港有給インターンシップ

有給インターンシップという形式で「給与を貰いながら企業で働く」ことができます。短期でも給与を貰いながら実際に海外の企業で働いていたい!という方にオススメの有給インターンシップ。事前に履歴書などの制作は必要になりますが、他国の有給インターンシップ登録や渡航に比べるとハードルが低く、その後の就職に役立つレファレンスの発行もしておらえるので次のステップに活かせれますね!

香港有給インターンシップ基本情報まとめ

  1. 期間:3ヶ月間(1つの職場)※半年滞在したい場合は2つの職場での就業になります。
  2. 職種:貿易業務、店舗マネージメント、IT関係、メディア関係、飲食関係、POPUPストア、税理士事務所、法人設立関係、動画撮影、映像制作会社
  3. 語学力:インターミディエイト(中級)以上の方が好ましい
  4. 経験:過去の就業経験、もしくは特定の資格保持者、IT系作業に長けている方など

香港ワーキングホリデービザ

最長1年間で語学も仕事も休暇も色々楽しみながら長期滞在したい!という方にオススメです!お仕事を探すハードルは少し高くなりますが、レストランやショップスタッフ、飲食関係のお仕事だとそこまで困難なく就職することができます。語学学校に通いながらでもOK、長期の滞在プランで香港をじっくり知れる、じっくり滞在を楽しめるプランになっています。

香港ワーキングホリデー基本情報まとめ

  1. 期間:最長1年
  2. 職種:飲食関係(レストラン/カフェ)、オフィス事務、貿易関係オフィス業務、倉庫や在庫管理業務
  3. 語学力:初級からインターミディエイト(中級)ぐらいの方
  4. 経験:特に必要ありません。(就業経験、資格があることに越したことはないです)

詳細はコチラ:香港短期・有給インターンシップで海外の企業に勤務する為のサービス

詳しくはサイトから:香港ワーキングホリデー協会  —->>

香港でのビザ申請、お仕事探しに関してはお気軽にお問い合わせ下さい。

香港ワーキングホリデー協会公式LINE@はこちらから

Add Friend

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加