ワーホリ・留学

香港のワーキングホリデービザ申請方法(現地申請版)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ワーキングホリデーが休暇を目的として、特定の国で働きながら滞在費用を節約しつつ過ごすことができる制度ということはすでに説明してきました。

今回は、ビザ申請を現地で行う方法について解説していきます。

基本的に必要な書類は、こちらの記事で紹介しているものと同じです。

では、早速必要な書類と申請方法を確認していきましょう。

ビザ申請で必要な書類

  1. パスポート:写真のあるページ(身分関係・国籍・旅券発効日・有効期限等の記載のあるページ)
  2. 経済支弁証明・資金証明:銀行残高、香港ドル20,000元(約280,000円)以上、旅費・香港滞在中の経費支弁の十分な金額を証明するための銀行の残高証明書(英文)
  3. 往復チケットのコピー:航空券もしくは同等の金額の経済証明(約100,000円の経済証明でも可能)
  4. 証明写真:55ミリ×45ミリ、カラーの写真(50ミリ×40ミリ以下は不可)
  5. 医療保険加入証書

上記5点と「id(e)940.pdf」という申請書が必要になってきます。

申請書をダウンロード >>

WEB上で記入してからダウンロード・印刷を行えば手間を省くことができますので、事前に渡航前に準備しておくのが良いでしょう。

詳しい申請書の書き方はこちら

香港特区入境事務所へ行きましょう

申請するための必要書類が全て準備できたら、湾仔(ワンチャイ)にある入境事務所にて手続きを行います。

入境事務所:

Employment and Visit Visas Section
Hong Kong Immigration Department
24 / F, Immigration Tower
7 Gloucester Road
Wan Chai, Hong Kong

MTR湾仔A1出口から出ると歩道橋があるのでこれをまっすぐ進んで行った先に入境事務所があります。

入ってフロア左奥にエスカレータがあるので一度1Fまで降ります。

降りた右手に、エレベーターがあるので、それを利用して24Fまで登ります。

一番左奥のカウンターで、ビザの申請をしたいという旨を伝えると手続きすることができます。

申請書を受付の人にチェックしてもらって、この時点で問題なければ、手続きは事務員さんとの質疑応答(必要書類や記載内容以上のことは質問されません。)のみで完了します。

手続きが完了すると、申請してから約1ヶ月後に記載のメールアドレス宛に連絡が来ることを説明されるので、審査結果がメールで送られて来るのを待ちます。

ビザ審査結果メールをチェック

ビザの審査結果メールはメールのタイトルがPDF名のみで送られてきます。

※一見スパムかと思ってしまうような内容なので、大体2週間から1ヶ月半くらいはメールのチェックを念入りに行うようにしましょう。

メール本文は上記のような様式で送られてきます。

PDFをダウンロードすると、

「I refer to the application from the above-named for a visa/entry permit for Hong Kong. I am pleased to inform you that the application has been approved. 」

上記のビザの申請が受理されたという文が記載してあるか確認してください。

これでワーキングホリデービザを発給してもらうことができます。

ビザを受け取りに入境事務所へ

ビザの申請が受理されたら、実際に下記の時間帯にワンチャイの入境事務所へ受け取りに行きます。

受取可能時間:

8:45 a.m. – 11:30 a.m.
2:00 p.m. – 5:00 p.m

入境事務所営業日:月〜金

受取場所は申請した場所と同じ24Fです。

カウンターにて、ワーキングホリデービザの受け取りをしたい旨を伝え、携帯の画面もしくはプリントアウトした結果通知を受付の事務員の方に提示してください。

パスポートにワーキングホリデービザを貼り付けてもらえます。

ビザを貼り付けてもらったら、香港IDを30日以内に申請してくださいという注意を説明されて、ビザの申請手続きは完了です。

ワーキングホリデービザを有効化

現地でビザの申請を行う場合は、はじめに香港に入国した時のビザは、「観光ビザ」にあたります。

「ワーキングホリデービザ」を有効化するためには、一度国境を跨いで、再度香港に入国する必要があります。

香港から1時間程度で行けるマカオ・深センへ出かけて、香港入国時にワーキングホリデービザを提示してスタンプを押してもらうと、いよいよ香港でのワーキングホリデーが始まります。

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加