香港について

香港のホテルについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

旅の目的が観光であれ、ビジネスであれ異国へ移動する際に必ず必要になってくるのが航空券・ホテルですね。今回は香港のホテル事情についてご紹介いたします。

香港は1104㎢という狭い地域の中に建設物・人が密集している地域なので、ホテルの料金は高めです。

香港までの飛行機の運賃は日本から近いため(4時間半くらいで到着します)、とても安いのにホテル代が高額なためにしかっかりとした資金が必要になる場合が多々あります。

とは言っても住居を借りる(これは日本では考えられないくらい高額!)よりは全然安いので、安心してください。

1.香港のホテルの値段

香港のホテルの値段はそれなりに値段が高いです。

というのもその理由は、香港の国土の面積によるものです。1104㎢という狭い地域の中に所狭しと人がいるので(700万人以上)、必然的に土地の価値が上昇し、賃料の相場が上がってしまっいます。

しかも実際には人間が居住してもいい区域とそうでない区域(開発が許されていない山など)が明確分かれているので、1/4くらいの面積しかありません。

日本の東京23区の半分の面積に、東京23区の人たちが住んでいると考えればイメージが湧きやすいでしょうか。

それくらいの人口密度なので、建物はどんどん上に伸びていきます。このようにして香港のものすごく高いマンションや建築物が建っていくのです。

初めて香港に行った時は私自身もホテル選びで苦労した思い出があります。

なんてったって飛行機のチケット代よりも高いケースが数多く見られるので、気持ちが盛り下がってしまいます。しかし、中級くらいで10000円から15000円くらいのホテルが相場です。

10000円以下のホテルもありますが、やたらと汚かったり、郊外になってしまったりとあまりいいものではないので、私は中級くらいの小綺麗なホテルを選択しました。

最近ではAirbnbなどのサービスが盛り上がってきているので、1泊6000くらいから宿泊することができます!

これで1泊6000円くらいのお部屋です。一人や二人ならこのくらいで十分かもしれませんね。

2.ホテルの種類

香港のホテル選びは意外と難易度が高く、特徴が全くないビジネスホテルか超高級ホテルの2択といっても過言ではありません。

しかし、事前にしっかりと準備しておけば、いざホテルを探して残念、時間もないなんてがっかりする自体は避けることができます。

rank★

(5000円〜10000円)

セキュリティや清潔感は最小限。ミニマリスト的な方にはぴったりのホテルです。しかし長期で滞在するには少し気合いが必要になるかもしれません。

5000円クラスのホテルになってしまうと極端に街から離れてしまうことがあるので、しっかりと観光を楽しみたい方はチョイスしない方がいいかも、、

rank★★

(8000円〜22000円)

家族旅行・恋人と旅行くらいであればこのクラスで問題ないでしょう。

しかし、より良いアクセスと景色を求めると20000くらいはかかってしまうので、そこは覚悟が必要です。

rank★★★

(15000円〜70000円)

本気の香港旅行・ハネムーンなどなかなかないイベント時には利用するのもいいかもしれません。

快適度を重視し、ホテルにお金を惜しまないという方にはピッタリです。

3.ホテル選びについて

香港のホテルをお得に予約するなら、香港のホテルのシーズン情報をしっかり把握しておきましょう。一番安くなるタイミングは、5月中旬から8月末までの間です。

その理由は、香港が雨季に入るためです。雨が降っている時ってみなさん外に出たくないですよね。

しかし逆にそこが狙い目であったりします。

この季節になると普段は手の届かない高級ホテルも「3連泊すると1泊無料」などプロモーションをうったりするので、お得に宿泊することができます。

また、3、4、10、11、12月、年末年始などの人気の時期はホテルの値段が高騰するだけでなく瞬く間に部屋が埋まってしまうので注意が必要です。

今では、ホテル選びの選択肢も増え(Airbnbなどのサービスも増えているため)、私たちにとってはホテル選びの難易度も少しずつ下がっています。

別の選択肢としても、ゲストハウスなどより旅チックな宿を選択するという楽しみ方もあるので、様々な角度からホテルを検討しましょう。

4.【おまけ】人気の居住区

ジャスコやアピタといった日系スーパーマーケット、日本人学校など日本人にとって便利な施設が密集しているため、人気のエリアになっています。

  • 九龍エリア:紅磡(ホンハム)、九龍(カオルーン)
  • 香港島エリア:太古(タイクー)、西湾河(サイワンホー)

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加