観光

香港でお得な買い物をするための心得

このエントリーをはてなブックマークに追加

「買物天国香港」

香港といえば、やはり買い物のイメージが強い方が多いですよね。

経済大国香港、関税や消費税もなく所狭しと立ち並ぶ免税店にファッション・コスメ好きなそこのあなたや、グルメ好きなあなたにとっては絶好のお国柄です。

そんな香港の買い物について今回はご紹介致します。

1.そもそも香港はなぜ買物天国と呼ばれるようになったのか

香港が買い物天国と呼ばれるようになった理由はものすごく単純で、日本に比べてモノの値段が安かったからです。

値段も安いし所狭しとお店が並んでいてなおかつアクセスもいい、香港は買い物をする上で必要な要素を全て満たしています。

しかし、ここ最近では「買物天国」の事情も少し変わってきています。

中国人観光客による爆買い

中国人観光客が日本に来てニュースになるような「爆買い」を行う前に、彼らは香港で「爆買い」を行った。当時香港は買物天国、当然中国大陸の人たちが目をつけないわけはありません。

安くて良いものを爆買いすることによって、人口700万人強のマーケットは、とてつもないスピードで経済成長を遂げ、日用品から不動産に至るまで価格がどんどん上昇していくこととなりました。

下記のグラフは香港の消費者物価指数の推移です。

出典(世界経済のネタ帳

このグラフを見ればわかるように香港の消費者物価指数は上昇を続けています。

さらに日本人にとっては、ここ3年間での政策によって為替は円安方向に進み、香港ドルに対しての日本円の価値が下がってしまったことにより、香港のモノの値段が少し高くなるように感じられるようになってしまいました。

2.香港で買い物をするなら心得ておきたいこと

香港の物価が上がっている、という話を先ほどしましたが、主に際立って高くなっているモノは「不動産」です。

香港には元々消費税がなく、「タックスヘイブン」と呼ばれる富裕層にとってはまさに天国のような税制度が敷かれているためこぞって全世界の富裕層が不動産を買いにきたため不動産の価格が非常に高くなってしまいました。

しかし、食べ物や衣類に関しては(あと公共交通機関も)、日本より香港の方が安いな、なんて思うことも生活して見ると結構あります。

食事は45HKDくらいでお腹いっぱい食べることができるし、服も100HKDから400HKDくらいで手に入れることができます。

それでは、香港でお得に買い物をする際に心得ておくべきポイントを紹介いたします。

心得その① まとめ買いするようにする

香港のショッピングモールでは、買一送一(Buy1 Get1 Free)という言葉をよく目にします。

これは、一つ購入すれば、もう一つおまけでついてくるよ、という意味で、買2送1(2つ買うと1つおまけ)や買3送1(3つ買うと1つおまけ)といった風に、何個か買うと1つおまけというシチュエーションが多いです。

買い物に行った際はまとめ買いするつもりで「Buy1 Get1 Free」を探しましょう。

身近な例でいうと、スーパーでも複数商品購入で割引なんてのもよく見かけます。

心得その② セール商品を探す

これはどこに住んでいる方でも同じことかと思います。

私自身も「定価でモノは購入しない!」というスタンスの持ち主なので、ここは基本ながら常に意識するようにしています。

香港のセールの時期は、夏:7-8月、冬:クリスマス-旧正月くらいまでの時期が大きなセールシーズンです。

割引率もほぼアウトレットみたいな率で、70%とか普通にOFFしています。

また、セール時期でなくても、お店によってはセールをおこなっているお店は多いので、街を歩きながら観察してみましょう。

心得その③ 香港人がよく行くスポットを狙う

観光客がみんな行くような場所は非常にいきやすく店も密集しているため、買い物しやすいといえばそうなのですが、香港は土地代が非常に高いことでも有名ですから、もちろんその土地代・テナント料は商品に重くのしかかってきます

スペシャルお買い得な買い物をしたい私たちの財布にとってもそれは重くのしかかってきますね。

しかし、香港人の若者に人気の旺角(モンコック)などのスポットは、ローカルならではのショッピングモールや、香港の人しか知らないようなお得なお店がたくさんあります!

こういう場所の方が、掘り出し物もあるし、香港を満喫したという一石二鳥的な楽しみが得られるでしょう!!

心得その④ 値段交渉をしてみること

香港では露店も通には有名な買い物スポットです。

たくさん買うから安くしてもらうという戦略で攻めていきましょう。

広東語で「平D啦(ペンディーラー)」(安くしてください)なんて甘えながら使ってみましょう!

露店での買い物はそこまで高い買い物ではないので、どれだけ安く変えるか、というのを友人と競い合いながら回るのも楽しいでしょう。※露天ではお釣りを返せないことも多いので、必ず高額紙幣は崩してからお店を回るようにしましょう。

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加