香港について

香港人の寿命や健康意識について

このエントリーをはてなブックマークに追加

香港人は世界で一番寿命が長いことで有名です。

香港人の寿命や健康意識について今回はお伝えいたします。

1.香港人の寿命について

香港人は世界で一番寿命が長い国民です。

日本厚生労働省が発表した平成27年(2015年)簡易生命表によると、男女ともに世界1位になった国・地域は香港で、平均寿命は87.32歳と81.24歳だった。

アメリカの中国のニュースメディア多維新聞網によると平均寿命世界一位になった理由として、温暖な気候や充実した医療サービス、漢方薬材・肉類・海鮮物を煮込む薬膳スープを好んで飲むことと飲茶文化、蒸し料理をなどをよく食べる食習慣が長寿につながっていると考えられると報じている。

2.なぜ香港は平均寿命が世界一なのか?その秘訣は?

香港人の世界で一番平均寿命が長い秘訣は、温暖な気候や進歩した医療サービスが長寿につながっていると考えられています。

その他にも、薬草を材料とした健康ドリンクや体のバランスを整え、内臓の動きを活性化させる効果があるとされている太極拳など様々な秘訣があります。

教育水準が高く、貧富の差がそこまで激しくない

香港のような小さい国は貧富の差がそこまで激しくなく、教育水準が高い。

健康への意識が強く、食生活や規則正しい生活に気をつかっているため、長寿になりやすい。

アメリカのような大国の場合、富裕層は長寿ですが、ジャンクフードをたくさん食べるような貧しい人は長生きすることがむづかしいため。上記のように香港やアイスランド、スイスのような小さい国の人の寿命が高い傾向になります。

喫煙率が低い

香港の喫煙率は11%まで下がっていて、がんや心疾患や脳血管疾患のような病気の原因でもあるタバコを吸う人が減ることによって直接的に寿命に影響しています。

食生活の意識(医食同源)

香港の人は季節に合った薬膳スープを飲み、具合が少しでも悪い場合街の薬屋で漢方薬を調合してもらいます。

このように病気のなり始めでしっかりと対策、そして太極拳と飲茶でストレスを解消し予防も欠かさない、このように普段の食生活での意識・健康管理の仕方が長寿に大きく貢献しています。

常に運動する姿勢

香港は坂道が多く、歩道も狭く老人にとってはきついものがあります。

しかしこういふ普段の生活で避けて通れない運動を細かく若い頃から行なっているため常に健康でいられるのでしょう。

長寿を祝う

旧正月や、中秋節などでは長寿を祈るイベントがたくさんあります。

家族も年寄りを助けると言う習慣もありますし、氏もそれを祝う慣習もある、孤独を感じないことも長寿に寄与しています。

このように無意識にストレスのかからないライフスタイルを香港の人は選択していて、これにより結果健康になったと言う理想的な生活を送っている人が多いため、香港の人の寿命は世界一にまで成長したのでしょう。

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加